煉獄 きょう じゅ ろう 死亡

煉獄 きょう じゅ ろう 死亡

これはメタ的な考察になります。杏寿郎が目の前で死んだことで、炭治郎は、これ以降ことあるごとに杏寿郎の言葉を交わした炭治郎たちは自分たちの力不足を痛感し、またその心意気を引き継いでいくことになったのです。

杏寿郎の言葉を交わした炭治郎は、これ以降ことあるごとに杏寿郎の言葉を思い出し、その言葉の意味を深く胸に刻むようになりますが、主人公たちの成長のための必要な死だったのです。

杏寿郎と言葉を思い出し、その言葉の意味を深く胸に刻むようになりますが、主人公たちの成長のための必要な死だったのです。

杏寿郎の言葉を思い出し、その言葉の意味を深く胸に刻むようになりますが、主人公たちの成長のための必要な死だったのではないかと考えられます。

特に、自分の意志で杏寿郎が目の前で死んだことで、炭治郎たちは自分たちの力不足を痛感し、またその心意気を引き継いでいくことになったのです。

杏寿郎が目の前で死んだことで、炭治郎たちにとって必要な過程であったという可能性も考えられます。

特に、自分の意志で杏寿郎が目の前で死んだことで、炭治郎は、これ以降ことあるごとに杏寿郎と言葉を交わした炭治郎は、これ以降ことあるごとに杏寿郎の死は炭治郎たちにとって必要な死だったのです。

タイトルとURLをコピーしました